外壁塗装をするタイミングとは│取り壊しやアンテナ工事は慎重に行う

メンズ

取り壊す前までにすること

笑顔の作業員

近い期日に自宅の解体工事を行ってもらう方は、工事が始まる前にいくつかやるべきことがあります。まず、解体工事が実施される日までに、電気を止める手続きをしておくことが大切です。電気がついたままだと解体工事を実施することはできません。もし電気がついていると業者が気付かないまま、解体作業を進めてしまうと、電気関係の機材まで一緒に壊してしまう恐れがあります。そうなると、電力会社とトラブルになるだけではなく、責任を取らされて弁償費を請求される恐れがあります。工事が始まる前日まで自宅に住んでいる方は少ないと思うので、おそらく多くの方は、新しい住居に引っ越していると思います。そこでの生活に慣れて、ついうっかり電気を止め忘れることのないようにしましょう。できれば、引っ越す直前に電力会社に連絡して、電気を止める契約をするといいとされます。解体工事まで期間があるから大丈夫だと高をくくっていては、後で痛い目にあう可能性があります。また、それと同じくらい大切なことは、家内の電化製品や家具を全て撤去したのか確認することです。家具などが古くなって、新しいお家まで持って行かなかった家庭もあると思います。そのようなものは、取り壊し期日まで置いておいても問題はないですが、いざ壊すというときまであると業者に迷惑をかけてしまいます。もし要らない電化製品などがある場合は、リサイクル店や専門の買取業者などに売るという方法もあります。自宅まで買い取りにきてくれる業者もいるので、そのようなサービスを利用して、家内には物を置かにようにすることが大切です。さらに、解体工事が始まる前日までに、近所挨拶はすませておきましょう。取り壊す音はとても大きくなることがあるので、騒音として捉えられることがあります。人によっては不快に感じる方もいるので、お菓子などを持って近所に一言だけでも伝えておくのが、良心的な対応といえるでしょう。