外壁塗装をするタイミングとは│取り壊しやアンテナ工事は慎重に行う

作業員

10年ごとにお願いしよう

塗装

外壁塗装は基本的に、建築後から10年単位で行なうのがベストだとされています。しかし、それ以前に状態が悪くなってしまった場合は、業者にお願いして、外壁工事を頼むといいでしょう。これは災害対策の一環にもなるのです。

View Detail

取り壊す前までにすること

笑顔の作業員

自宅の解体工事をする前に、いくつかやるべきことがあります。まず、工事の支障をきたす可能性があるので、あらかじめ電気を止め、家内の家具などが全て撤去しておきましょう。また、事前に近所挨拶をすませておくといいです。

View Detail

業者選びは慎重に

アンテナ

テレビアンテナ工事は、様々な業者に依頼することが可能です。大型家電量販店に頼むと、テレビを買ったついでに依頼することができるので効率的です。また、街の電気屋さんなどは地域の実情に合わせて、設置場所を考えてくれます。

View Detail

住宅環境の変化に合わせて

ハケ

自宅の外壁塗装をしてもらうタイミングとして、建築から10年から15年だと言われていますが、それ以前に塗装をする必要がある場合もあります。しかし、外壁の状態は素人では判断することが難しいので、できるだけ専門の業者に見て判断してもらうことが大切です。外壁塗装では外見の綺麗さを保つだけではなく、地震などの災害時に倒壊を未然に防ぐ役割も担っています。大きな傷やヒビがある外壁は、倒壊の原因になる可能性があるので、そのような傷を見つけたときは、すぐに業者に連絡して、塗装した方がいいかの判断を仰いでください。また、自宅を取り壊すことが決定し、新しい住居に入居する日程がわかったときは、その日程までに電気を止めておきましょう。電気が止まっていないと解体工事の段階で、業者や電力会社ともめてしまう可能性があります。また、家具や電化製品はできるだけ早めに、家内から撤去しておくことも大切です。要らない家具などはリサイクル店に売るといいでしょう。さらに、解体工事は騒音が調布市中に響くことが想定できます。そのため、取り壊しの期日前に、できるだけ近所に挨拶に行って、お菓子などを持って行くとトラブルを避けることができます。新しい住居に、テレビアンテナを設置する予定のある方は大型家電量販店か街の電気屋さんに依頼するといいでしょう。テレビを大型の家電量販店で購入したのなら、ついでにそこで依頼すると効率的です。しかし、安くすませたいのなら街の電気屋さんに頼みましょう。そこなら、地域の事情に合わせた設置工事を行ってくれます。